オススメ料理店 -銀座 いっぱし-

こんばんは!

今日はとんでもなく久しぶりの投稿です。笑

少し仕事が忙しかったり色々あったりと投稿できてなかったのですが、また皆さんのお役に立てるような投稿をできればと思います。

 

さて、今回紹介するのは銀座(というか新橋。笑)にある居酒屋「いっぱし」さんです!

f:id:MKPVP:20190609212330p:image

 

食べログの評価もすごく高く、わざわざ紹介する必要ないぐらいなのですが、まぁせっかく行ったので。笑

 

銀座特にコリドー周辺って、値段の割に大したことないプチぼったくりみたいなとこもちらほらあるんですよね。

だから、ある程度値段と質のバランス取れたお店を知っておくのは大事かと。笑

 

さてこのお店、海鮮系が特におすすめ。

f:id:MKPVP:20190609212519j:image

こんなお刺身や…

f:id:MKPVP:20190609212535j:image

こんな酒蒸しが食べられます。

 

まぁ決して安いわけではないのですが、おしゃれな雰囲気なので良しとしましょう!笑

 

そして、このお店に来たらぜひ頼んで欲しいのが、卵焼き!

f:id:MKPVP:20190609212650j:image

この見た目。

インスタ映えするでしょー?笑

 

ちなみに、個人的には味はまぁ普通だったので2人で1つとかでいいかもです。笑

 

ちなみにこの日、途中から日本酒飲みまくって会計覚えてません。笑

いったいいくらになったのやら…

 

みなさんも銀座に来られた時は、ちょっとおしゃれに行ってみては?

店員さんも美男美女で、目の保養にもなりますよ!笑

 

ではでは!

オススメ料理店 -炭火焼ホルモン ネバーランド-

こんばんは!

今日もオススメ料理店の紹介です。なぜならよい広告や商品に出会えてないから。笑

 

まぁ美味しい飲食店も、誰かの役に立つと思うので、許してください。笑

 

さてさて、今日紹介するのは戸越銀座商店街にある、「炭火焼ホルモンのネバーランド」さんです!

f:id:MKPVP:20190527205106p:image

例によって外観撮ってないので、地図で勘弁してください。

 

さてこのお店、テレビでもたくさん紹介されていて絶賛なので、正直わざわざ僕が紹介する必要もないと思います。笑

 

なので、お店の人には失礼ですが、超個人的主観による頼むべきものと頼むべきでないもの、一品ずつ紹介します!笑笑

 

まずは、頼むべきもの!

f:id:MKPVP:20190527205334j:image

刺し身3点盛りですね。

まぁこれは普通に絶品でした。とくに、透明な小鉢に入った「鶏のレバテキ」はリピート確実の超絶品!

濃厚でとろけるそのお味は、これのためだけにも行く価値ありです!

(というか、これが圧倒的過ぎてこれ以外正直商品名覚えてないです、すみません…笑)

 

さてお次は、頼むべきでないもの。笑

f:id:MKPVP:20190527205617j:image

ドリンクの方です。

なんか、お茶のパックが入った焼酎お茶割りみたいなものなんですけど、、、

うーん、、、という感じでした。笑

いや、個人的な感想なんですけどねあくまで。ただ、普通にお茶を飲んでるような感覚で…お肉が主役だったので、無難にビールかワインにするべきでしたかね。

 

以上、頼むべきもの・頼まないべきものでした!笑

何回も言いますが、超主観なので自分でビビッと来たものをオーダーしてください!基本全部美味しいので!笑

 

それでは、戸越に来られる際はぜひ「ネバーランド」で検索を!

 

ではでは!

オススメ料理店 -夢-

こんばんは!

最近忙しくて全然投稿できてませんでした…なのに、久々の投稿は飲食店の紹介です!笑

 

いやー、なかなか素晴らしい広告や商品ってポンポン出会える訳ではないので…笑

素晴らしい飲食店なら割とあるので、もし皆さんの参考になればと思った次第です。笑

 

そんなこんなでご紹介するのは、東京は旗の台周辺にある「やきとりちゃんこ 夢」さんです!

 

f:id:MKPVP:20190526214655p:image

(お店外観の写真は撮り忘れました…笑)

 

さて、なかなか珍しいちゃんこ鍋が食べれるこちらのお店、ちゃんこの名に恥じず店内では相撲の番付表や、選手のサインが入ったマスなどがありました。そしてテレビでは当然のように相撲が流れてました…笑

 

メニューはこんな感じ。冷やしトマトもセットです。

f:id:MKPVP:20190526214929j:image

 

各一品料理、そんなにリーズナブルという訳ではないように見えますが、お相撲さん対応なのか、どれも一人前とは思えない量です。

 

下は料理の一例。塩ちゃんこ鍋と砂肝揚げ、つくね揚げです。どれも一人前でこのボリューム!

f:id:MKPVP:20190526215145j:image

f:id:MKPVP:20190526215150j:image

f:id:MKPVP:20190526215154j:image

 

どうですか?想像よりも多いのではないでしょうか!?笑

ちなみに写真を忘れたのですが、牛しろ煮込み(モツ煮的な)は絶品で量も多かったです!

 

あと、ビールのジョッキも大きかったので酒飲みさんも大満足だと思います。笑

 

各料理がボリューミーだったので、数品でお腹いっぱい。2人で行ったけども約6,000円と、お財布にも優しい会計でした!

 

旗の台周辺に行くことがあれば、ボリュームたっぷりで美味しい「やきとりちゃんこ 夢」さんにぜひ行ってみては??

ちなみに3人で行くのがベストだと思います。笑

 

ではでは!

 

転売について -転売は是か非か?-

こんばんは!

最近忙しかったので、久々の投稿です。

 

今日は広告や商品の話ではなく、「転売」についてです。

よくチケットや限定品等で話題になる転売・転売ヤーですが、メーカー側でマーケティングやってると色々思うこともあるもんです。

 

さて、タイトルで「是か非か?」と言っていますね。結論から言うと、「非」だと思っています。

 

それはなぜか?メーカー的目線と、消費者的目線でお答えしますね。そして最後に、どうすれば転売がなくなっていくのか、ということもお話しします。

 

まず、メーカー目線でダメな理由。

大きな理由(そして最近実際の仕事で悩んでいる)所としては、値段設定がグチャグチャになってしまうこと。

まぁこれは想像がつきやすいと思いますが、彼らが独占して買ったものは、物の価値に合ってないレベルで高額取引されがちです。

このようなことを言うと、「物の価値は消費者が決めること。高くても売れると言うことは、それだけの価値を認めてるのでは?」と言う人もいます。ある一定はYESなのですが、ここではNOですね。と言うのも、この理論が通用するのは「商品自体の、もしくは購入チャネルの代替案がある場合」に限られるためです。

どう言うことか、簡単な例で説明します。

例えば、ある商品、ここでは適当にレトルトカレーにしましょう。架空の企業がレトルトカレーをデパートの特産市で非常に高い値段で売ったとします。この時、消費者は別のレトルトカレーを買う、と言う選択を取ることができます。その場合、商品自体に代替案があるので、価値を認めた人以外は高いレトルトカレーを買う必要がありません。

もしくは、このカレーが本場インドの貴重なスパイスを使っていたとしましょう。このスパイスを買う手段としては、①現地インドまで行って買う、②手間はかかるがネットで個人輸入する、③このデパートの特産市で買う、の3つがあるとします。この時、消費者はスパイスが欲しいと思ったらどの方法も選ぶことができ、その中で自分にとってベストな方法で買うことができます。この際、購入チャネルに代替案がある、といいます。

では、転売の場合はどうでしょう?多くの場合は限定品で他に選択肢がありません。しかも、買える場所も1ヶ所しかない場合がほとんどです。その時、消費者はどう思うでしょう?「あそこの商品、人気なのは分かるけどなんか高えな。」と思い、好感度が減るわけです。

誰が買っても売上が変わらない企業からしたらたまったものではありません。そもそもなるべく多くの人に商品・サービスが適切な価格で渡った方が、企業にとってはいいに決まってますから。

 

さて、お次は消費者目線です。

まぁこれは上で説明したことと被るんですけど、「本来安く買えたはずのものを、一部のアホのせいで不当に高く買わされる」と言う不利益があるんですね。

こう言う話をするといつも「転売ヤーがいるおかげで、消費者は本来買えなかったものが買えるから感謝するべきだ」とか、「そもそも転売はビジネスの基本。商社も海外で安く仕入れて国内で高く売ってるじゃないか」とか言う輩が湧くので一応反論しておきます。

 

商社に限らず、ビジネスの世界における転売はそもそも「消費者が買えなかったはずのものを、買えるようにする」ものです。対して転売ヤーのそれは「消費者が買えたはずのものを独占して買えないようにする」ものです。

 

つまり、全く逆の行為です。

 

先ほどのカレーの話を例にしましょう。

インドのスパイスの話をしましたが、実際に一般消費者の中で珍しいスパイスが欲しいからと言ってインドに飛んだり、個人輸入ができる財力・知識を持っている人はそういません。だから、業者が代わりに仕入れてくれたスパイスを多少高くても買うのです。この時、消費者は元々買えなかったはずのものを手にしています。

 

では転売の場合は?

多くの場合は国内で簡単に買えるものでしょう。そのためには多少並んだり、パソコンとにらめっこしなければならないかも知れませんが、多くの場合特別な知識や財力を必要とせず、購入できます。最も転売が問題になっているチケットも、別に簡単に買えますもんね?

でも、転売ヤーが半ば独占してモラルも守らずに大量購入するから、一般の消費者は購入できず、彼らの提示する高い金額で買うか、諦めるしかない。この時、消費者は買えたはずのものが買えなくなっています。

 

全くの逆ですよね?

 

人を幸せにするか、不幸にするか、全く反対のことを似ているとか言って擁護する輩がいることは、全く呆れるとしか言えないです。

 

さてさて、今までずっと転売は悪と言いましたが、どうすれば無くせるか?

答えはとても単純で、かつとても難しく痛みを伴います。

 

それは、転売と分かっているものは欲しくても買わないこと、です。

 

転売ヤー周りが言う「需要と供給」の話だけは正しくて、需要があると思うから、彼らも転売を続けるのです。(そもそも彼らは需要の高い商品の供給を絶って、自分たちへの需要を高めているので方法はクズですが。)

 

だから、どれだけ欲しい商品でも、転売によるものだと分かったら買わない。そうすれば、転売ヤーから見て魅力的な商品でなくなるので自ずと転売はなくなります。

結局、多数の消費者の力によってしか、市場は変えられないのです。逆に言うと、消費者の力で市場はどのようにでも変えられる。だから、行動で示すしかないのです。

 

さて、ここまで固い話ばっかりしてしまいました。笑

まぁすぐには変化は起きないと思いますが、いつかみんなが欲しいものを適正な価格で買える日が来るといいですね。

 

ではでは!

素晴らしい広告④ - Netflix-

こんにちは!

久々に、広告の紹介記事です。今回紹介するのは、10連休のGWに作られた「GWはがんばらないウィーク」というテーマのNetflixの広告です!

 

youtu.be

 

多分、GW中にYouTubeで広告にヒットした人もすごく多いと思います。実際僕もそうでした。笑

 

さて、この広告がいいと思ったのは感動するからでも、映像がおしゃれだからでもありません。

この広告のアイディアにすごく惹かれたからです。

 

多くの人はGWはせっかくだから遠出しよう、ということで旅行等を計画したのではないでしょうか?僕も例に漏れず、しっかりと北海道に行ってきましたし。笑

 

Netflixにとって最重要事項は「いかにより多くの人に、より多くの時間見てもらえるか」ということ。そのためにより魅力的な映画やドラマ、アニメを収録していますし、最近はオリジナル映画なんかも作っています。

 

普段の競合は「Amazon Prime Vide」や「Hulu」で、思考としては「いかに彼らよりも魅力的なコンテンツを揃えるか」ということに集中しているでしょう。それが一番考えやすいですし。

しかし、ことGWになれば家にずっといる人は少ない。そのような意味では、Netflixの競合は単に他動画サービスだけでなく、旅行会社やテーマパーク、さらには世界中の観光地そのもの、という範囲にまで広がってしまうのです。

 

なんだかスケールの大きい話ですね。笑

でも割とこれは事実で、だからこそ彼らは「GWはがんばらないウィーク」というテーマを掲げ、わざわざ専用の動画まで作り、大々的に配信したのでしょう。

ちなみに、あの規模でのYouTube広告投資は数千万はかかるはずですし、そもそもの動画制作費用、また屋外広告の出稿料金などを加えると、数億円の投資になったはずです。しかも、たった10日間のGWのためだけに。(GW終わった後は本当に無意味ですからね笑)

 

そう考えたら、彼らのアイディアや情熱にマーケターとして共感し、いいなと思った次第です。

皆さんも今度の連休は頑張らずにNetflixでも見てはいかがでしょうか?

 

まぁ僕はGW中チャリ漕いでてNetflixは1秒も見てなかったですけど。笑

ではでは!

PayPayのすすめ

こんばんは!

北海道旅行記も終わり、久々の普通(?)の投稿です。ちなみに、次のチャリ旅行記は9月頃を予定しています。しまなみ海道を渡って、愛媛と高知を観光するプランですね。

 

さてさて、本日は皆さんご存知であろうPayPayについてです。先日実家に帰った時、思ったよりも周りで使っている人が少なかったので、皆さんが得をするためにも、ここでオススメする理由を紹介したいと思います。

 

僕の周りの非使用者に聞くと、使っていない理由って「なんだか怖い」とか「面倒くさい」とかだったりするんですね。

このうち、面倒くさい、という理由については僕も全く同感です!笑

正直、僕もめんどくさくてしばらく作ってなかったです。作ったのはここ2ヶ月ぐらいです。笑

まぁ実際は5分ぐらいで使えるようになるので、特に問題ないはずなのですが、それすら面倒な人はちょっと僕には説得できません。普通にIDとかQuickPayを使っといてください。笑

 

ですが、「なんか情報取られそうで怖い」と思っている人は僕は説得できます!

 

そもそも、PayPayの親会社は皆さんご存知のSoftBankです。あの携帯で有名なとこですね。さて、ここで考えましょう。あんなに大きな会社がみんなの個人情報を抜き取って何か悪いことをしようと思うでしょうか?そもそも、携帯事業で既に膨大な量の個人情報があるのに?

ちょっと非現実的な気がしますよね。

 

事実として、SoftBankは皆さんの購買データを得るでしょう。例えば、いつどこで何円分の買い物をしたか、と言ったことですね。(ちなみに、何を買ったかまではバレないはずです。それを知るためには、JANコードを含めたデータ取得が必要になるのですがそれは技術的にはできても、とんでもない労力がかかるのでしている訳がないです。)

 

さてさてこのデータ、皆さん知られて嫌でしょうか?ちょっと気持ち悪い?まあ気持ちは分かります。でも実害はないですよね?

それどころか、これらのデータを用いることで、SoftBankはより我々にとってお得なキャンペーンをしてくれる可能性があるのです!

 

どういうことか?

例えば、PayPayの使用がコンビニやドラッグストアなどで少額決済が多いというデータを彼らが得たとしましょう。そうなると、より日常使いに便利になるように、「1000円以下の決済ではポイント2倍!」とかするかも知れません。

反対に、高額決済に結構使われている、というデータを得たとしましょう。そうすると、「同時に1万円以上使うと、30%ポイント還元!」とかするかも知れません。

 

彼らとしては、消費者がどのようなタイミング・目的でPayPayを使っているかを知って、より使用を促進させたい。消費者からしたら、普段の自分たちの生活スタイルに合ったお得なキャンペーンが享受できる。まさにWin-Winの関係が成り立つのです。

 

これは、使わなければ、ダウンロードしなければ決して伝わりません。今使っている人たちにとってお得なキャンペーンばかりが実施されます。ちょうど、選挙に行かない若者達を無視して、老人にとって嬉しい政策ばかりを進める政治家のように

 

どうです?ちょっとは使いたくなりましたか?

今は20%還元というお得なキャンペーンをしているので本当にオススメですが、このお得なキャンペーンを何回も楽しみたいなら、とにかくダウンロードして使うしかないのです!

今もお得。将来も(もしかしたら)お得。こんなの使わない手はない!

 

ちなみに、僕は北海道旅行だけで2000円以上のポイントバックを受けました。笑

貧乏一人暮らしには非常にありがたかったです。笑

 

皆さんも、お得に使えるPayPayをぜひ使ってみてください。ローソンやファミマでも使えるので、すぐポイント貯まりますよ!

 

ではでは!

北海道旅行記⑥

こんにちは!

今日はいよいよ最後の北海道旅行記です!

もう自転車は終わっているので、単純な観光日記ですが、よければ見てください。笑

 

札幌2日目は、2時間並んだ「彩未ラーメン」からスタート。

f:id:MKPVP:20190505105052j:image
f:id:MKPVP:20190505105056j:image

 

とても美味しい味噌ラーメンだったのですが、2時間は長すぎた…

正直もう一回並んで食べたいか?と聞かれたらうーん…となりそうです。笑

 

さて気を取り直して、お次は「札幌ビール園」にて、博物館見学とテイスティング

f:id:MKPVP:20190505105420j:image
f:id:MKPVP:20190505105417j:image

 

ここでしか飲めない、「開拓使麦酒」を飲んだのですが、まぁ美味しいこと!

300円という値段もあり、二杯飲んでしまいました。笑

 

みなさんがここに来る時は、ぜひレストランに行ってください!

せっかくならジンギスカンとビールをセットで飲みたいと思うので!

 

余談ですが、ここで気づいたのですが札幌では今が桜満開です。

f:id:MKPVP:20190505105908j:image

 

ちなみに、最初に行った稚内では5月末ごろに咲くらしいです。日本って広い。笑

 

さて、その後は休憩を挟みスープカレーを食べました。

札幌は予約不可のところがほとんどなので、どこも超行列。色々電話してやっと見つけた「RYU-SHIN」というお店にお邪魔しました。

 

f:id:MKPVP:20190505105726j:image

 

これはとても美味しかった!

正直ラーメンやジンギスカンは感動するほどではなかったのですが、これは感動しました!

東京では食べられませんね、これは。

 

さてさて、その次の日はもうご飯食べて帰るだけ。

スープカレーをもう一度食べて、最後に回転寿司を食べました!

 

f:id:MKPVP:20190505110031j:image
f:id:MKPVP:20190505110036j:image

 

この回転寿司、「根室花まる」という超人気店で2時間半も並んだのですが、その価値はあります!

全てのネタが高いレベルで、しかも値段はそんなに高くない!

3人で1万円とかそんなもんでした。

どれも脂が乗っていて、あんまり多くは食べられなかったのも理由かも。笑

 

ちなみに、このお店は食券制なので、先にとってからどこか観光した方がいいと思います。なんなら小樽行って帰ってくることも可能ですよ。笑

 

そんなこんなで、長かった北海道チャリ旅も終わりました!

f:id:MKPVP:20190505110608p:image

総走行距離400km、常に向かい風というバッドコンディションではありましたが、今思えばとても楽しかった!

 

皆さんもぜひやってみてください。とても辛くて後悔すると思いますが、終わってみればいい思い出です。それに、辛い思いを共有した友達とは、より一層仲が深まるような気もします。

 

もし行く際は一声かけてくださればアドバイスしますよ!

自転車の輪行や宿、どのセイコーマートが良いかなど、なんでも聞いてください!笑

 

残り短いGW楽しみましょう!

ではでは!